1. TOP
  2. マネーと投資
  3. 仮想通貨ZAIFトークンの今後や将来性とトレード手法

仮想通貨ZAIFトークンの今後や将来性とトレード手法

仮想通貨の中でも将来性に期待されているのがZAIFトークンです。

現在は価格が1円程度と草コインの状態ですが、いずれは10円や100円に上昇する可能性もあります。

ZAIFトークンは取引所の中でもZAIFでしか買うことのできないオリジナルトークンです。仮想通貨ではビットコインやリップルが有名なため、あまり知名度は低いですが徐々に知られるようになっています。

この記事ではZAIFトークンの今後や将来性、おすすめの取引方法をご紹介します。

ZAIFトークンの概要

ZAIFトークンとはテックビューロ株式会社が発行するトークンです。現在はZAIF取引所のみで購入が可能です。

  • 発行枚数:90億枚
  • 種類:トークン
  • 発行元:テックビューロ株式会社

ここで仮想通貨とトークンの違いについて説明します。

仮想通貨

ブロックチェーンシステムによる新規の基軸通貨を意味します。

トークン

概存の仮想通貨におけるブロックチェーン技術を利用して作られています。

つまり、簡単に言えば元ある仮想通貨をZAIFトークンに置き換えたものと捉えることもできます。

ZAIFトークンは現在は1円台をさ迷っていますが、将来的には数十円までは上がる可能性は高いと考えられます。

ZAIFトークンの発行枚数は約90億枚であり、価格が10円になれば時価総額は900億円です。今後、ZAIF取引所の顧客や取引量が上がるにつれて、必然的にZAIFトークンにも資金が流入するはずです。いずれは時価総額が数千億円程度になる可能性もあります。

更に上昇が続けば1ZAIF=100円も期待できるかも知れません。但し、1ZAIF=1000円や10000円台は時価総額の大きさから考えても難しいと思います。

ZAIFトークンの将来性

ZAIFトークンはNEMのプロトコルに移行

ZAIFトークンは2018年2月中にNEMのプロトコルに移行されます。これにより、安定性や性能、セキュリティーが格段に向上します。

まずは強固な土台を作り、普及を目指すと共に価値を高めていく方向に向かっています。

また、ZAIFトークンの4分の1は2018年12月までロックアップされています。ロックアップとは一定期間保有枚数を売却しないことを約束することです。これにより、市場の流通量は減少するため、価値が上がりやすくなります。

ZAIF取引所も企業が一丸となって価格の上昇を目指しているようです。

ZAIFトークンの使い道

ZAIFトークンはビットコインやリップルのように送金や支払いに使用できる訳ではありません。あくまでもZAIF取引所内における投資商品としての価値のみです。

今後、外部に向けた使い道が広がるのであれば、価格の飛躍的な上昇も見込まれます。また、ZAIFトークンを利用して他の仮想通貨を買い付けることができれば大幅な上昇が期待できます。

ZAIFトークンの価格推移

zaifトークンの今までの価格推移

ZAIFトークンは2016年7月に誕生しました。初値は5円と好調な滑り出しを迎えました。その後は価格が低迷して、平均0.5円を推移しています。

仮想通貨が話題になり出した9月を境にして、再び2.5円にまで上昇しました。その後は0.5円に下落するものの、2017年12月に仮想通貨ブームに火が付き、相乗効果で上昇をし始めました。

ZAIFトークンの価格予想

ZAIFの取引ユーザーの多くはZAIFトークンを購入する傾向にあります。

ZAIFでは新規口座開設の申し込みが殺到しているため、今度取引量は更に多くなると予想されます。必然的にZAIFトークンにも資金が流入して価格が上昇していくと思われます。

1ZAIF=20円(時価総額1800億円)程度までは期待できると思います。

ZAIFトークンのリスク

ZAIFトークンは現在数円台のため底は浅いですが、時価総額や取引量が少ないため急激に下落する恐れもあります。

また、テックビューロ社の動向に極めて左右されやすい状況にもあります。仮に会社が傾けば無価値にもなります。業績次第では飛躍的に上昇します。言わば、運命共同体共です。

つまり、ZAIFトークンを購入することはテックビューロ社の株式を購入しているに等しい状態です。

ビットコインであれば世界中の取引所で売買や乗り換えが可能です。一方、ZAIFトークンはZAIF取引所でしか存在できません。

また、テックビューロ社の一存で価格をコントロールできるメリットとデメリットもあります。但し、ZAIF取引所は健全な運営をしていますので、顧客に背くことはないはずです。

ZAIFにとっても、ZAIFトークンの価値が上がることはとても好ましいことですしプラスです。

ZAIFトークンのトレード手法

ZAIFトークンを安定的に投資する方法

ZAIFトークンを購入する場合は基本的に安く買って高く売ることです。

時価総額や取引量が少ないため、急激な上昇や下落のリスクもあります。

安定した取引方法は価格が下落すれば買い増してポジションを増やす方法です。

リスクを抑えるためにも、平均取得単価を下げつつ投資することが理想的です。

そのため、安易に飛び付かずにチャンスを待つことも大切です。しかし、ここ最近の仮想通貨の上昇は早いため、買い時を逃すこともしばしばです。

ZAIFトークンはビットコインの上昇や下落に連動しやすい傾向があります。そのため、ビットコインの大幅な暴落が起きた際にZAIFトークンを購入するのも良い取引方法です。

他にもドル・コスト平均法やトラリピ手法により購入する方法もあります。詳しくは関連記事を参考にしてください。

トレード例

2018年の1月にはビットコインの大幅な暴落がりました。1BTCは160万円から120万円に大きく下落しています。

ビットコインの暴落につられてZAIFトークンも下落

この時にZAIFトークンは1日で1ZAIF=1.6円から0.8円程度まで暴落しました。

zaifトークンの暴落するリスク

このようにビットコインが大幅に下落した際に、アルトコインやトークンは価格が大きく下がります。

下げ幅も20~50%と大きいため、高値を掴まずに暴落してから購入することをお勧めします。

まとめ

ZAIFトークンの今後や将来性のまとめ

ZAIFトークンの今後や将来性についてご紹介しました。まだまだ、草コインの段階であり、今後の成長はZAIF取引所の動向次第です。

ZAIFトークンが上昇する要素を以下にまとめます。

  • NEMプロトコルに移行完了
  • COMSAの成功
  • ZAIF取引所のユーザー数や取引高の増加
  • ビットコインの価格上昇
  • ZAIF建てで各種の仮想通貨が購入できるようになる
  • テックビューロ社の株式上場
  • ZAIF取引所の海外進出

このような状況になれば大きく価格は動き出すはずです。夢を買うと思って、今の内に購入しておくのも良いかも知れません。

今後、他の取引所や企業では独自の通貨やトークンが発行されます。SBIであればSBIコインです。他にもAmazonコインやGoogleコインなども将来的にあるかも知れません。

いずれにしてもマイナー通貨は市場が小さい分、慎重に見極めて投資をしてください。