1. TOP
  2. マネーと投資
  3. XCP(カウンターパーティー)で独自トークンを作成する方法

XCP(カウンターパーティー)で独自トークンを作成する方法

XCP(カウンターパーティー)で独自トークンの作成方法

XCPトークンを利用すればオリジナルの独自通貨が作成できます。

最近は企業や団体が独自トークンを発行して、ICO(資金調達)することが増えてきました。

独自トークンは個人でも簡単に作成することができます。現在はイーサリアムを使ったICOが大半を占めていますが、XCPカウンターパーティー(Counterparty)は僅かな手数料で簡単に発行できるメリットもあり、まだまだ健在です。

独自トークンが作成できる仮想通貨は現在4つが主流です。

  • イーサリアム
  • XCP、カウンターパーティー(Counterparty)
  • XEM/NEM(ネム)
  • WAVES

今後更に増えていきますが、XCPは元祖でありビットコインのブロックチェーンを使用しています。

ブランド力はあるもののビットコインの能力を引き継ぐため、送金の遅さや手数料が割高なデメリットがあります。

但し、近い将来ライトニングネットワークの実装により、解決されることも期待できます。

XCPを使用した独自トークンといえば、ペペキャッシュやZAIFトークンが有名です。

また、自分で作成した独自トークンは配布や資金調達も可能なため、成功すれば夢があります。

作成方法

1.XCP、カウンターパーティー(Counterparty)を使って、独自トークンを作成するには「IndieSquare Wallet」が必要です。

仮想通貨を保存するウォレットのIndieSquare Wallet

iOSやAndroidのアプリから「IndieSquare Wallet」をインストールします。

2.独自トークンを発行するには手数料が0.5XCP必要になるため、事前に「IndieSquare Wallet」に送金して置きます。

3.その他の手数料として少額のビットコインが必要になります。約0.0005BTC(基準であり変わります。)

今回独自トークンを作成するのに掛かった費用は次の通りです。

  • 1XCP=1500円の時期であったため、0.5XCP=約750円
  • 1BTC=90万円の時期であったため、0.0003BTC=約270円

これにプラスして、XCPとビットコインを「IndieSquare Wallet」に送金するための手数料が掛かります。全て合わせると1500円程掛かりました。

XCPはZAIFなどで調達します。ビットコインはどの取引所でも良いです。今回は送金手数料が無料のGMOを使いました。

作成準備

1.iOSやAndroidのスマートフォンやタブレットから「IndieSquare Wallet」(アプリ)をダウンロード/インストールします。

IndieSquare Walletをインストールする

2.初めて使う場合は「新しくウォレットを作る」を選択します。

過去に「IndieSquare Wallet」を使用していて、復元コードがある場合は「復元パスフレーズを持っている」を選択します。

ビットコインやXCPを預けるためのウォレットを新規作成する

3.ウォレットの「新規作成」を選択します。

新しいウォレットを作成する

4.これでウォレットのアカウントが作成されました。「次へ」をタップします。

アカウントが無事に作成された

5.ウォレットを復元するためのコード(12個の英単語)が表示されます。

スマートフォンが故障や紛失した場合に復元フレーズがあれば復活できます。

確実にメモや保存しましょう。

ウォレットを復元するためのフレーズが表示される

6.「間違いなく記録しました」を選択して、「続ける」をタップします。

紛失しないように確実に保存する

7.4桁のパスワードを設定します。「パスワードを設定」をタップします。

送信時に必要なパスワードの設定

8.パスワードを入力します。4桁の数字は設定後に忘れないようにしてください。

4桁の数字を入力する

9.これで初期設定は完了しました。

IndieSquare Walletの特徴

  • ビットコインやXCPトークン、独自トークンの送受信
  • 独自トークンの作成
  • トークンの売買

IndieSquare Walletの初期設定が完了

ビットコインやXCPの残高確認画面

ビットコインやトークンを送信するボタン

ビットコインやxcpを受け取る場合のボタン

作成手順

カウンターパーティー(Counterparty)を使って独自トークンを作成するためには手数料となる「XCP」と「BTC」を取引所から送金する必要があります。

XCP

取引所から0.5XCPを購入して、IndieSquare Walletに送金します。

国内であれば、ZAIFが取り扱っています。海外でもBittrex、Binance、Poloniexなどがあります。

XCPを送金する際はビットコインの送金手数料が掛かります。

つまり、XCPの購入費+ビットコインの送金手数料の2つが必要です。

BTC

IndieSquare Wallet内で独自トークンを作成するにはBTC自体も少額必要です。

20000satoshi程度=300円程あれば良いです。

GMOコインやBITPoint、QUOINEXは送金手数料が無料のため、少額のBTCを送金するのに適しています。

送金方法

1.XCPとBTCを用意できたら、IndieSquare Walletに送金します。

「受取り」をタップすると、受取り用のアドレスとQRコードが表示されます。

XCPとBTCを受け取る用のアドレス

このアドレスにXCPとBTCを送金します。

これで独自トークンを作成するための手数料が準備できました。

作成方法

1.左上の「トークン新規発行」をタップします。

トークンの新規発行

2.「移動する!」を選択します。

トークンの作成に関するお知らせ

3.希望するトークン名を入力します。

一度決めると後から変更できないため、良く考えて名前を決めます。

トークンの名前を決める

  • トークン名は大文字の英字のみ使用できます。
  • 4文字以上必要です。
  • Aから始まる名前は使えません。
  • 既に存在する名前は使えません。

このようにトークン名には様々な制限があります。

4.トークンの小数点を決めます。

  • 2.5や0.005といった単位での送受信を認める。
  • 1,2,3のように整数のみを送受信可能にする。

整数か小数点を有効にするか選択する

5.発行する量を決めます。後から追加発行することもできます。

但し、減らすことはできないため注意してください。

全体のトークンの発行枚数を決める

6.基本情報の入力が完了しました。

「続ける」を選択します。

基本情報の入力が完了

7.トークン情報の確認画面が表示されます。

トークン名や少数単位での送受信、初期発行量が間違いないかチェックしましょう。

独自トークンの内容を確認する

また、次の情報を入力します。

  • トークンアイコン・・トークンの画像アイコンを設定します。
  • トークンの説明・・トークンの簡単な説明を入力します。
  • URL・・トークンのホームページがある場合は記述します。

全ての入力ができれば「発行」を選択します。

9.XCPとBTCの支払い画面が表示されて、独自トークンは完成しました。1時間程度で発行が完了します。

全ての作業が完了して無事に発行される

PCとの連携

IndieSquare WalletはPCと連携ができます。より多くの機能が利用できるようになります。

1.IndieSquare Walletの公式サイトにPCでアクセスします。

2.右上の「INDIEBOAD」をクリックします。

PCと連携するためのINDIEBOAD

3.「Try now」をクリックします。

連携を今すぐ試す

4.「アプリでサインイン」をクリックします。

アプリでサインインをする

5.ウォレットと連携するためのQRコードが表示されます。

ウォレットと連携するためのQRコードが表示される

6.アプリのIndieSquare Walletを起動させます。右下にある「接続ボタン」をタップします。

アプリとPCを連携するためのボタン

QRコードを読み取るカメラが立ち上がりますので、先程のQRコードを読み取りましょう。

7.ウォレットアカウントへの認証許可が求められます。「はい」を選択します。

ウォレットアカウントへの認証

8.4桁のパスワードを入力します。

4桁の数字を入力する

9.アプリとPCの連携が完了しました。

アプリとPCの連携に成功

10.PC画面は自動的に連携画面に切り替わります。

PCで表示される連携画面

機能の紹介

PCとの連携では次のような機能があります。

  • 新規トークンの発行
  • 寄付ボタンを作る/変更する
  • 追加発行する
  • 配当を行う
  • 所有権を移行する
  • ロックする

寄付ボタン

作成した独自トークンを購入するための寄付ボタンが作れます。

寄付ボタンによるICO

サイトやブログに設置すれば、他の人がビットコインで独自トークンを購入できるようになります。

なお、寄付された場合に自動で独自トークンが返送される訳ではありません。寄付を手動で返す必要があります。この時に送金手数料も必要になります。

また、取引所から直接寄付された場合は独自トークンを返送できません。

サブトークン

発行された独自トークンにサブトークンを追加することが可能です。

サブトークンとは発行した独自トークンの直後に別の名前を追加する機能です。

例えば、LONELYCOINであれば、LONELYCOIN.subのような感じです。

なお、サブトークンの作成には手数料0.25XCPが必要です。

1.作成方法は「トークン新規発行」から進むと、「サブトークンを作る」の項目を選択して作成します。

サブトークンの作成画面

サブトークンの名前には半角英数字や記号「.-_@!」など様々な文字が使えます。

配当の付与

独自トークンを所有している人に保有率に応じて、配当を配ることができます。独自トークンだけでなく、別のトークンを配当することも可能です。

所有権の移行

独自トークンを別のIndieSquare Walletに移行できます。

移行先で取り扱えるようになります。なお、移行した場合は元のIndieSquare Walletからの操作は一切できなくなります。

独自トークン作成のまとめ

XCPで作成した独自トークンの情報は次のURLで確認が可能です。

URL:HCHAIN

トークン名や発行枚数など詳細な情報が公開されています。

トークンの発行枚数や価格などの情報

IndieSquare Walletは簡単に独自トークンが作成できるので、ICOやイベントで配ったりと様々な用途に使えそうです。

フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。