1. TOP
  2. 美容と肌
  3. フォトRFの失敗や効果と副作用

フォトRFの失敗や効果と副作用

フォトRFの効果と副作用や失敗画像

IPL(光エネルギー)を照射するフォトフェイシャルに高周波を組み合わせたレーザーがフォトRF(オーロラ)です。

フォトフェイシャルは様々なメーカーで開発・販売されており、差別化が難しくなっています。その中で、高周波をプラスした機器が発売されました。

実際にフォトRFといった名前は有名で、美容レーザー系の中では人気です。

効果としては「シミ」や「ホクロ」を消す効果から「シワ」や「たるみ」を無くす効果があります。

シワやたるみ、シミやホクロを改善する効果がある

但し、フォトRFを受けた方なら分かると思いますが、大した効果がないのが現実です。

一回の照射で肌が大きく変化することは期待できないため、一般的に2~4週間ごとに5回程繰り返すように推奨されます。

最終的に治療が終了して、たるみやシミがなくなり若返った人は殆どいません。

フォトRFの詳しい原理や仕組み、効果や副作用を解説します。

フォトRFの特徴

フォトRFはIPL(光エネルギー)と高周波を組み合わせています。

光エネルギーと高周波で肌を治療

IPL(光エネルギー)

IPLは表皮から浅い真皮層に作用して、シミやホクロに反応します。

但し、効果としては中途半端であり、薄くなる程度です。完全にシミやホクロを消すには何度も照射回数が必要とのことですが、実際には3回程度で反応しなくなり薄くなったままです。

できることなら、ホクロは炭酸ガスレーザー、シミはQスイッチレーザーで消す方が確実です。

また、IPLを照射すると真皮の浅い部分が変性を起こして、形状が変化します。その結果、毛穴の開きも改善されます。

簡単にいえば、光エネルギーで真皮がダメージを受けて変形します。後に再構築されて回復します。但し、均等に生成される部分もあれば、欠除する部分も出てくるため、結果的に浅い傷のような状態が残ることもあります。これでは本末転倒ですね。

高周波

高周波は熱エネルギーであり、真皮の深い部分にまで作用します。

高周波によりダメージを受けた真皮は熱変性を起こします。細胞のタンパク質は一定以上の温度を加えると、規則正しい構造を維持できなくなり変性します。

結果的に新しいコラーゲンが大量に生成されてシワやたるみが改善します。

但し、フォトRFの高周波は大した出力でありません。同じような機器にサーマクールがありますが、こちらは専用のチップを使用して高エネルギーを発射します。

それに比べればフォトRFは効果を期待しない方が良いです。

フォトRFやフォトフェイシャルは照射して数日もすれば即時的な引き締め効果が発生するため、顔がほっそりとしてきます。たるみが良くなったと思いがちですが、効果は限定的で数週間~一ヶ月程度で元に戻ります。

結論としてはフォトRFを5回、10回受けたとしても、シワやたるみが改善されて若返る程の効果はありません。しかしながら、副作用やリスク、失敗も少ないです。

治療が終了した後に更にシワやたるみの改善を希望するなら、サーマクールやウルセラ、タイタンのような、より強力なリフトアップが期待できるレーザーを勧められると思います。

更なる治療の深みに嵌まらないように注意してください。効果がなかったことは逆に言えば、失敗や副作用もなくて良かったと考えるべきです。

フォトRFの照射

フォトRFの治療を希望するのであれば、取り扱う美容外科を探します。

通常はどのクリニックでもフォトフェイシャルは置いていますが、フォトRFは一部です。

近年、施術料金は下落傾向にあり、一回20000万円程度が相場のようです。この価格では採算が取れないため、照射に関して看護士さんが行う所が多いです。クリニックによっては体験トライアルなどで1万円以下でお試し照射ができるところもあります。なお、健康保険は適応されません。

フォトRFは取り扱いが簡単な機器であり、専門的な技術や知識は不要です。適切な照射出力とマニュアルに沿った照射方法を行えば大した問題は起こりません。

フォトRFの副作用はヤケドがクローズアップされがちですが、誰でも扱えるように適切に出力がコントロールされているため心配は不要です。

実際の照射は顔全体で約10~20分程度で終了します。最初に冷却ジェルを顔に塗り、照射時の熱を冷却します。これにより、火傷を防止しています。

照射の際は部分的に重い衝撃が加わります。直後から赤みが発生しますが、数日で消えます。ダウンタイムの影響は少ないため当日から外出が可能です。

一週間程度で薄い瘡蓋ができて、ホクロやシミが一段階は薄くなります。

一度フォトRFを試してみて、効果が期待できれば継続すれば良いですし、無ければやめる方が無難です。

フォトRFのまとめ

フォトRFは効果がない

フォトRF(オーロラ)を受けたいと希望する人はシミやたるみが改善されて若返ると夢見がちですが、実際には大した効果が無いのが現実です。

クリニックもBefore→Afterの画像を並べて効果的な演出をしていますが、余り当てにはできません。

時々ですが、ニキビ跡に効果がありと掲載されていますが間違いです。フォトRFやフォトフェイシャルでニキビ跡の凹みが改善することはありません。

様々な肌の疾患に対して万能薬のようなレーザーと思われながちですが、しっかりと現実を見極めてください。

コメント

フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。