1. TOP
  2. ブロックチェーン開発
  3. 仮想通貨のトークンを取引所に上場させる方法

仮想通貨のトークンを取引所に上場させる方法

独自トークンを仮想通貨取引所に上場させる方法

最近は独自トークンやオリジナルコインを作成して取引所への上場を目指す人が増えてきました。

個人でも簡単にトークンを作成できるので運営次第では成功もあります。

まずはAirDrop(エアードロップ)やICO(プレセールやクラウドドセール)を行い順調に配布できれば、後は海外取引所に申請するだけです。

もちろん、オフィシャルサイトやホワイトペーパー、各種SNSを作成や使用して運営をしていく必要もあります。

この記事ではトークンやコインを取引所に上場させる方法を詳しく解説します。

トークンやコインの作成

トークンの作成はイーサリアムを推奨する

トークンやコインを作成するにはEthereumやXCP(カウンターパーティー、Waves、NEMなどがあります。)

取引所に上場を目指すのであれば、Ethereumを使ったERC20やERC223トークンが最も近道です。

Ethereumのトークンはコードの設計や開発を行いそれぞれ違った個性の異なるオリジナルの通貨が作成できます。

市場規模的にもEthereumは第2位であり、開発も盛んです。そのため、ERCトークンを選択する方が最適です。

逆に、XCPやWavesでは他の取引所に上場するのは難しいと思います。そもそも、XCPやWavesは全く同じ性能のトークンが誰でも5分で作成できます。
つまり、トークン名や発行枚数が変わる程度でオリジナルティーがありません。どれも同じような価値の中で大量に発行されているのが現状です。

また、NEMを使ったトークンは維持費用が毎年掛かります。ドメインのような感じです。コストが掛かり続けるため余り人気はありません。

他にも、完全オリジナルの仮想通貨を作る方法もあります。

1から作るには莫大な開発費用が掛かるため、個人では不可能です。但し、ビットコインやライトコインをベースにした開発はある程度の知識があれば、簡単に作れます。

但し、オリジナルの仮想通貨は自分で開発や改良をする必要があります。一番重要なことはセキュリティをどう確保するかです。

仮に脆弱性を付かれて問題が発生すれば、直ぐに対処する必要が出ます。作ることはできても、改良していくだけの運営基盤や技術力が不可欠です。

もし、組織で高い技術力を維持できるならオリジナルの仮想通貨を選択して、個人や小さな組織で運営するならERC20やERC223トークンが良いと思います。

トークン名

日本人は○○コインというような名称が好きです。しかし、世界的に見るとコインが付いたトークン名は余りありません。

EOSCOINやリップルコインのような名前にしないのが通例です。

要するにコインという名称はそれ程価値がなく、不要であったり付けない方が良いのです。

地域によってはメダルのようなイメージを持たれますし、信用度は少ないです。

もしも、仮想通貨の名前を決める場合は「コイン」のような名前は省きましょう。

例えば、マンガコインやアニメコインがあるとします。世界的に通用するような表記方法は「Manga」や「Anime」の方が良いはずです。

オフィシャルサイトなどでは後付けで○○コインや○○トークンで良いですが、仮想通貨を作成する場合は設計コードから”coin”名は除去しておきましょう。

運営方法

トークンやコインを発行すれば、次に必要なことはオフィシャルサイトやホワイトペーパーを作成することです。

しっかりとしたコンセプトを提示して、将来性をイメージできるようにします。

また、コンプライアンスも重要です。信頼できるプロジェクトかどうかも将来性を左右します。

なお、基本的なことですが、運営責任者や所在地などの運営者情報を開示することも大切です。

仮想通貨は歴史が浅いため、まだまだこのような基本的事項を公開せずに運営が行われている所も多くあります。

運営者が開示されない時点で責任の所在が明確でありません。このような仮想通貨はAirDropに参加するのは良いですが、投資するのは避けるべきです。実際に途中で運営者がいなくなることも良くあります。

しっかりと運営していくのであれば、運営機関は開示しましょう。

さて、一番大切なことはいかに宣伝やマーケティングを行うかです。

一番良いのがSNSを駆使する方法です。

  • Twitter
  • Facebook
  • Dircord
  • TeleGram

この中でもTwitterは重要です。最も宣伝効果があります。

まずは、TwitterでAirDropをしながら、数千人程度配れるよう頑張りましょう。

取引所への上場

トークンやコインを上場するための取引所

多くの運営者が目標とするのが、仮想通貨取引所へ上場することです。

大半の草コインは取引所に辿り着くことなく、消えていきます。

いかにして運営を軌道に乗せて、目標を達成するかがポイントです。

取引所といっても大きく分けて4種類に分かれます。

DEX(分散型取引所)

中央集権的な運営者が存在しない分散型の取引所です。個人同士の取引を主体とします。

流動性や出来高も低く、取引頻度は余りありません。

約定だけでなく、様々な場面で僅かに手数料が発生します。例えば、板に発注する際にも手数料が掛かります。

ERC20トークンであれば取引所にもよりますが、EtherDeltaやForkDeltaなどで直ぐに上場ができます。

トークン交換型取引所

ETHのトークン同士で交換できる取引所です。

マイナーな取引所ですが今後シェアを伸ばしていく可能性があります。

海外で有名な取引所が「bancor」などです。国内ではGMOがトークントレーダーを開発しています。しかし、仮想通貨に関連する法律等の壁もあり実現には至っていません。

比較的小規模なトークンでも上場可能です。まずは、最低1000アドレス程度にAirDropしてください。

標準的には3000アドレス程度に配布しているのが良いと思います。

海外の取引所

トークンを作成すれば目指すべき道は海外取引所です。

最初に上場を目指す取引所に「CoinExchange」があります。草コインを約500種類扱っており、上場が期待できます。

最近は世界的に見ても大量にトークンが増えて来ており、上場するにはハードルがあります。

最低、5000アドレス程度はAirDropを行い流動性を高めておきます。万全を考えれば10000アドレスは推奨します。

なお、取引所によっては上場に関する手数料をBTCで求められる場合もあります。例えば、トークン/BTH建てなら2BTC、トークン/ETH建てなら1BTCなどです。

そのため、クラウドファンティングやICOでまとまった資金を確保しておくことも大切です。

また、上場した後もトークンの取引出来高が少ないと取り扱いから外される可能性もあります。継続的にコイン事業を成長させていくことも大切です。

国内の取引所

国内の取引所に上場することができればトークンの価値は盤石になります。

また、金融庁のホワイトリストに掲載されれば色々な取引所に上場されやすくなります。

ここに到達するには話題性や出来高、流動性、将来性など様々なポイントが優れていることが必要です。

また、国内の取引所はコンプライアンスを重視する傾向があります。過去に運営で問題が発生したような仮想通貨は上場できる可能性はなくなります。

最高目標として、国内の取引所を目指せるように頑張ってください。

取引所上場のまとめ

仮想通貨を作成して、取引所に上場や成功を目指している人は沢山増え続けて来ました。

少し前までは意外と上場のハードルは低く、ある程度は簡単でした。現在、上場を目指す人が多過ぎるため、成功できるのは一握りです。

皆が同じことを始めれば、それは稼げなくなります。他を圧倒するようなコンセプトや運営方法が必要です。

また、草コインを上場できたとしても、将来性が無ければ枯れて消えていきます。

大切なことはトークンやコインの価格を上げることに力を注ぐのではなく、取り巻く事業をいかにして成長させるです。

草コインの元となる中核事業を成功させることにより、価格は自ずと上昇していくはずです。

また、事業を行う上で一人でできることは限られています。優れた信頼できる人材が集まるかどうかも成功を左右します。

しっかりとコンセプトや戦略を決めて、頑張ってください。